芝刈り機の選び方と芝生の仕上がりを良くするポイント

奥深いパンフレットの世界を4種類のパンフレットで知る > 注目 > 芝刈り機の選び方と芝生の仕上がりを良くするポイント

芝刈り機の選び方と芝生の仕上がりを良くするポイント

芝生の面積は多彩で、30坪以内の芝を刈る事もあれば、100坪以上の芝になるケースもあります。雨上がりのタイミングですと、芝は全般的に濡れていますから、横に倒れてしまう傾向があります。

刃の枚数が多い方が、芝を細かく刈り取る事ができるので、良い仕上がりを求めるなら5枚や6枚の機械が推奨されます。また芝が濡れてしまっていると、機械の随所にへばり付いてしまう事も多いので、晴天時の作業が推奨されます。

また仕上がりを求めるなら、晴天の時に芝を刈るのが望ましいです。ただそれも製品次第で、「全て」の製品が傾斜地に弱い訳ではなく、中には傾斜地でも問題なく使用できる製品もあります。

芝刈り機は地面が斜めになっている箇所は苦手な事も多く、機械が重たくなってしまう事もあれば、転落してしまう場合があります。手動や電動やエンジン芝刈り機など色々ありますが、どのタイプの機械を選ぶべきかは芝生の面積次第です。

逆に、芝生の面積が広いと手作業で刈り取るのも大変ですから、エンジンのタイプが向いている訳です。なお芝の仕上がりを重視するなら、刃の枚数も1つのポイントになります。

地面が斜めになっている場所での作業が想定されるなら、傾斜地に強い芝刈り機を選ぶのが望ましいです。機械を使っても刈りづらい事が多く、芝生を刈り取るのが漏れてしまう事も多いので、晴れた日に作業を行うのが望ましいです。

そして普段からの手入れも仕上がりを左右し、何回か機械を使い続けますと、機械の中に狩りカスや汁などが溜まってしまう場合があります。また今までに刈った芝が機械の中に詰まってしまう事もあるので、定期的な手入れや清掃をする方が、仕上がりも良くなる傾向があります。

手動の機械は、30坪以内の芝を刈るのに向いています。それと傾斜地です。

面積があまり広くなければ手動の方が使いやすいですが、エンジンと電動のタイプは広い芝生に向いています。芝刈り機には色々な種類があります。




関連記事

  1. 「芝刈り機を購入する方法は市販の店で購入する方法とインターネットを使って購入する方法がある」
  2. 芝刈り機の選び方と芝生の仕上がりを良くするポイント
  3. 相場価格で見るクルマの買取!どうやったら高くなるかな?
  4. リフォームでバスルームにこだわりたい
  5. サプライズプロポーズとして考えた事
  6. Mさんに教わった美白クリームの効果がまじですごい
  7. 結婚式で考えてみたいサプライズのアイデア